2014年06月26日

唯一無二のダイヤモンドのカット方法

ダイヤモンドのカット方法は数多く存在していますが、
その目的のほとんどは美しく光を反射させることになります。
一部例外はありますが、原石から加工されたダイヤモンドは
シンメトリーの構造を取り、
また研磨の質とプロポーションの取り方が評価へと繋がります。
カット方法が優秀な順に、エクセレント、ベリーグッド、
グッド、フェア、プアの5段階に区別され、
特にプロポーション、シンメトリー、
研磨の質の3点がエクセレントのものは
『トリプルエクセレント』と評されます。

ダイヤモンドのカット方法は多くあり、
最も有名なのはラウンド・ブリリアント・カットかもしれません。
また、最も美しいとされるラウンド・ブリリアントは正58面体ですが、
中には82面体144面体のラウンド・ブリリアントもあるそうです。

celux lover wedding株式会社はダイヤモンドを
装飾するジュエリーを扱っており、
そのダイヤモンドも様々なカットで加工されたものを使用しています。
ラウンド・ブリリアントはもちろんのこと、オーバル・ブリリアント、
マーキーズ・ブリリアント、ハート・シェープ・ブリリアント、
ペアー・シェープ・ブリリアント、エメラルドでカットされた
ダイヤモンドが用意されています。

そして、celux lover wedding株式会社のスゴイところは、
5種類のハイクオリティーなカット方法です。
中には、そのカット方法を1つ開発するのに
2年を費やしたものまであります。
ダイヤモンドのカット方法を新たに生み出すということは、
それだけ至難の道でもあるのです。




posted by くま子 at 16:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

最高水準のダイヤやモンドの提供を約束するcelux lover wedding

celux lover weddingのダイヤモンドは
「最高水準」をお約束しているようですが、
実際に4カラットFカラーフローレスの3拍子を揃えますと、
価格も1,000万円も超えるどころか、
存在していないと評する方が相応しいかもしれません。
それゆえ、どこかしらのランクで妥協しませんと、
どんなにお金を積んでも入手不可能と言わざるを得ません。

仮に妥協するとしたら、サイズが一番現実的です。
市場には1カラット以下のダイヤモンドが数多く流通しており、
その中で無色度や透明度が「最高水準」から
「商品価値なし」のものまで多数存在しています。
逆に、ランクを落としすぎますと、最早市場には流れておらず、
ダイヤモンド採掘地のゴミ捨て場を探した方が
見つかる可能性の方が高いかもしれません。
それでも、原石から加工する手間を考えますと、
無意味にコストだけは高くなりますが。

celux lover weddingのような宝石を使ったジュエリー会社でしたら、
サイズはともかく無色度や透明度はそれなりのものを
用意しませんとブランドのイメージは悪くなります。
カラーについてはF以上、クラリティについては
VS2以上が最低ラインですので、
それなりに優秀なダイヤモンドを用意していることが伺えます。

また、宝石単体の価値はサイズカラークラリティで決まりますが、
加工した宝石というものはコレに
カット技術(基準プロポーション)が追加されます。
どんなに良い原石でも、それを加工する職人の腕前が未熟でしたら、
価値あるダイヤモンドは生まれません。
オリジナルブランドのカットまで用意されている
celux lover weddingは、一流とでも呼べるほどの
宝石加工会社(ジュエリー製作会社)ではないでしょうか。




posted by くま子 at 20:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。