2014年01月27日

CELUX LOVER WEDDINGの想いをカタチにする

企業理念というものはとても重要になります。
会社である以上、その第一目的は
商売としてお金を稼ぐことになりますが、
それ以外の何かが必要になるのです。
それは「なぜ働くのか」という根源的なものに直結し、
社員のモチベーションから顧客の関心まで
幅広い影響力を持つのです。
人は目的が無くては働けません。
お金を稼ぐだけなら、他の仕事でもすることができます。

また、商品を買う側も無理してそこで買う必要はありません。
独占市場でない限り、競合他社の他の店で買うこともできます。
なぜここで働くのか、なぜこのお店の商品を買うのか。
その決め手となるのが企業理念なのです。

CELUX LOVER WEDDINGの企業理念は
「お客様の想いをカタチにしたい。」になります。
自分たちの商品がお客様の想いを叶えるように、
妥協のないジュエリー提案を行っているのです。
そして、CELUX LOVER WEDDINGが目指しているのは
恒久的なお付き合いになります。
商社である以上、お客様と長く付き合いたいのは
当然かもしれませんが、
お客様の今後の未来や世代を超えて受け継がれる想いを
カタチにできる商品を提案できるように心がけているようです。

恒久的なお付き合いを叶える方法は、
いい品を提供し続ける点になります。
CELUX LOVER WEDDINGは
お客様の個性を引き出す商品の提案を軸に、
確かな品質とオリジナリティの追求にて
競合他社との差別化を図っているみたいです。

「想いをカタチに。」
口にするのは簡単かもしれませんが、
それを実行するのはかなりの至難の道と言えます。
CELUX LOVER WEDDINGはお客様に最高の笑顔を
届けられるよう日々企業努力を行い、
そして実践をして「想いをカタチに」しているのでしょう。


posted by くま子 at 12:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

CELUX LOVER WEDDINGが教えるダイヤモンドの価値を決める「4C」

独自のカット技法、信頼できる業者から原石を
仕入れて最高のダイヤモンドを作っている
CELUX LOVER WEDDING。
今まで様々なタイプのジュエリーアクセサリーをデザイン・販売し、
身に付けた多くの人たちを幸せにしてきた企業でもあるのです。

そんなダイヤモンドのスペシャリストとも言っても過言ではない
CELUX LOVER WEDDING曰く、
ダイヤモンドの価値は「4C」で決まるとのこと。
「4C」とは4つのC(Color、Carat、Cut、Clarity)
つまり「色」「大きさ」「カット」「透明度」
4つの総合評価で決まるのだそうです。
CELUX LOVER WEDDINGは4つのCについて、
それぞれ以下のように解説しています。

●Carat(大きさ):
カラットは宝石の重さの単位で1カラットは0.2グラムで、
“ct”と表示されます。
カラット数が大きい程、希少価値は高まります。

●Clarity(透明度):
クラリティ(透明度)のグレードは10倍のルーペ(拡大鏡)を使用し、
ダイヤモンド中のキズや内包物の有無により判定されます。
最高の品質がフローレス、以下11段階の等級に分類されます。

●Color(色):
一見無色に見えるダイヤモンドですが、
黄色味を帯びているのが一般的です。
ダイヤモンドにとって最高のカラーは無色であり、
マスターダイアモンド(比較石)を使用し最高レベルの
DカラーからZカラーまでの23段階の等級に分類されます。
例外としてピンク、ブルー、グリーン等の色が付いたダイヤモンドは、
無色のものよりも高額で取引されることがあるそうです。

●Cut(カット):
カットもまた、ダイヤモンドの輝きを出す為の
重要な要因となっています。
世間一般的なダイヤモンドのカットは
「ブリリアントカット」と呼ばれるものですが、
CELUX LOVER WEDDINGでは
「ブリリアントカット」よりも輝きを放つことのできる
独自のカット方法を用いて、
ダイヤモンドのカットを行っています。



posted by くま子 at 16:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。