2015年02月25日

celux lover weddingの18金の色

celux lover weddingのジュエリーは18金の素材が使われています。
24金の方が高級ですが、純金は簡単に歪み、
壊れますので、装飾品には不向きです。
結婚式などの祭事にはいいかもしれませんが、
celux lover weddingのジュエリーは
普段の生活で使うことを前提にしていますので、
耐久度の追求は必要事項になるのです。

18金にも色々な素材・カラーリングがあります。
最も有名なのは、ピンクゴールドホワイトゴールドでしょうか。
クレヨンのピンクのイメージが先行しますので、
どうしてもピンクゴールドに違和感を覚えますが、
ピンクゴールドの色を簡単に説明しますと、普通の金色です。
5円玉の色でも構いません。
折り紙の金色よりかは落ち着いているかもしれません。
ただし、純金と見比べますと、
ほのかに赤みが浮かんでいるのが分かります。
ダイヤモンドのマスターストーンの話ではありませんが、
2つを同時に見比べない限りはなかなか気付けないものです。

ホワイトゴールドも紹介しますが、こちらは銀色です。
100円玉の色でも構いません。
折り紙の銀色よりかは落ち着いているかもしれません。
ただし、純銀と見比べますと、やや白いことが分かります。
ダイヤモンドのマスターストーンの話ではありませんが、
2つを同時に見比べない限りはなかなか気付けないものです。

celux lover weddingのジュエリーは基本、
この2色の18金を使っています。
加えて、オニキスの黒を使う場合もあります。
時には、カラーダイヤモンドにて
アクセントを演出することもあります。
詳しくはcelux lover weddingのショールームでご確認ください。




posted by くま子 at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

celux lover weddingのCとD

ダイヤモンドのカラー等級がDから始まる理由は
Diamondだからではありません。
4Cを制定する前からダイヤモンドの価値を
決める指標を各企業が勝手に「A・B・C」と
作っていた背景がありました。
それらと明確に区別するために、
まだ一度も使われていないアルファベットである
「D」から使うことにしたそうです。

ところでこの4Cの「C」もまた面白い意味がありますね。
偶然なのか作為的なのか分かりませんが、
4Cは「color」「clarity」「carat」「cut」の4つです。
Carbonの集合体に名付けるには中々、
小洒落ているのではないでしょうか。

だからと言って、celux lover weddingのCは
ダイヤモンドに由来するものではありません。
celuxは単純に「豪華・贅沢・高級」
意味する言葉だと思います。
celux lover weddingとは別の会社の説明でしたが、
確かそのような意味で紹介されていました。
ついでに言いますと、
その会社は飲食チェーン店でもありますので、
ダイヤモンドから益々かけ離れていることになります。

celux lover weddingの4Cはそれなりのものが用意されています。
color:Dはなかなか取り扱っていないかもしれませんが、
基本的にF以上のものを使用しています。
clarityもVS2以上です。
cutに関しては、celux lover weddingはオリジナリティを
追求していますので指標しにくいですが、
かなりのレベルのものが用意されているのは確かです。
caratは様々な大きさのものが揃えられています。
ただし、あまりに小さいと装飾品に取り付けにくくなりますので、
基本的には0.3カラット以上が良いと思います。



posted by くま子 at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

celux lover weddingがメンテナンスします

ダイヤモンドは割れたり欠けたりします。
鉄のハンマーでおもいっきり叩き潰せば割れますし、
アスファルトの上をおもいっきり削れば削れます。
ダイヤモンドは世界一硬い物質ですが、
それは同条件下においてです。
ハンマーで叩く方法やアスファルトで削る方法は、
力の加わり方がダイヤモンドの方が不利だからです。
逆に、大型ハンマーほどのサイズのダイヤモンドの固まりで、
石ころサイズの鉄を叩きつければ、
鉄の方が粉砕されると思います。
ダイヤモンドは方法次第で、簡単に壊れるのです。

だからこそ、お手入れが重要なのだと思います。
celux lover weddingでは、
ダイヤモンドの輝きを失わないよう、
お手入れをすることをお勧めしています。
ダイヤモンド身に付けて使っていますと、
空気中に含まれている微細な粒子がダイヤモンドに付きます。
その状態のダイヤモンドを箱や他の宝石に接触させますと、
まるで紙やすりで削るように、
ダイヤモンドも削れていくかもしれません。
紙やすりは大げさだったかもしれませんが、
目に見えない微細な傷が付きやすいのは確かです。

celux lover weddingでは各ショールームにて、
無料で店頭クリーニングを請け負っています。
celux lover weddingは、
お客様に永遠の輝きを届けることを約束していますので、
こうしたメンテナンスをすることで
その約束ごとを守っているということかもしれません。
アフターサービスが十分に整っている
celux lover weddingでダイヤモンドを購入しませんか?
もちろん、自分でメンテナンスするのも十分アリです。




posted by くま子 at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。